透析看護師が転職を失敗した・成功したと思う理由

看護師の転職は看護師不足の時代ですから、とても有利になっています。 けれども看護師が転職をした場合に必ずしも上手くいくとは限らないようです。 転職や復職を成功させたいのは、どの看護師でも同じ気持ちだと思います。

ここでは、准看護師の求人活動が失敗した・成功したと思う理由をご紹介します。 よりよい転職をするための参考資料にして転職活動にお役だてください。 まずは看護師の転職に失敗したと思う理由についてご説明いたします。 100パーセント満足しているという面から考えると厳しいですがプラス面よりもマイナス面が大きければ失敗だと考えて良いでしょう。

失敗の理由で目立つ理由は次のようなものです。

(1)看護現場の人間関係が以前の勤務先よりも劣悪
(2)勤務する労働条件や契約内容が違っていた
(3)自分がこれまで経験してきたキャリアが活用しきれない
(4)自由に休暇が取れない
(5)給料面や待遇面がイメージと違っていた
(6)人員が不足しているので仕事量が多くハードな勤務が続く

では失敗しないようにどのようにすればよかったのでしょうか? 自分で応募しているならば、待遇・給料などは書面と口頭で雇用側に確認をしておくと良いでしょう。

そういった確認や交渉ができないし契約書類は理解しにくいので看護師専門の転職サイトを利用すると便利です。担当のコンサルタントやアドバイザーが不明部分をクリアにしてくれますから安心して転職活動ができます。

次に看護師が「転職して成功だ」と感じる理由をご紹介しておきます。

(1)人間関係が極めて良好
(2)残業面や夜勤でも雇用形態に満足している
(3)給料や年収がアップして経済的に余裕ができた
(4)キャリアアップやスキルアップができる職場になった
(5)勤務先の環境や雰囲気が素晴らしい

以上、看護師が転職を失敗した・成功したと思う理由をご紹介しました。 看護師の転職回数の平均数は3回程度です。 1回程度失敗しても落ち込む必要はありません。 次は失敗しないように積極的にチャレンジすればよいのです。

メニュー

ページの先頭へ