看護師の給与について他の職業と比較してみましょう

同じ年齢で比較すると看護師は給与水準が高いと一般的に言われているのですが本当でしょうか? ここではボーナスにも関係してくる基本給に注目してみたいと思います。 まず、看護師の給与について他の職業と比較してみましょう。

2009年(平成21年)の人事院<職業別民間給与実態調査>というデータがあります。 看護師と同様医療機関で仕事をするコメディカル(医師と協同して医療を行う病院スタッフ)で臨床検査技師や放射線技師よりも35歳前後までは看護師の方が高くなっています。

しかしながら、この傾向も40歳前後になりますと逆転してきます。 薬剤師・作業療法士・理学療法士らとは同様の水準の初任給で働き出しますが、30歳を過ぎると薬剤師に追い抜かれます。

35歳を越えると理学療法士に追い抜かれ40歳を越えると作業療法士に追い抜かれます。 50歳を超すと、コメディカルスタッフの全ての職種や栄養士にも追い抜かれます。 病院で勤務するコメディカルの中では最低ランクになる興味深いデータです。

このデータから見てもあきらかですが、看護師という仕事は20歳代や30歳代前半までは比較的稼げる職業であります。けれども、ある程度の年齢を過ぎると頭打ちになってしまう職業なのです。

次に<賃金構造基本統計調査>を厚生労働省が行っているデータです。 2009年(平成21年)のデータで、給与全体に占める基本給以外の支給額の比率を見てみましょう。 看護師=11.3%・臨床検査技師=8.6%・大卒一般女子会社員=8.3%・薬剤師=6.6%・キャビンアテンダント=3.7%です。

他の職種と比較してみると看護師は1番の位置になります。 看護師の給与水準が高いのは夜勤手当を筆頭にたくさんの手当が付いているからです。 このことが看護師の基本給を上がりにくくしている理由ではないでしょうか?

看護師の給与には基本給以外に夜勤手当・残業手当・休日勤務手当などの諸手当が多いです。 合計金額で考えると多く感じますが基本給を見てみたらそうでもなく、新人の場合ならば18万~20万程度で、30歳を越しても30万円になる看護師は凄く少ないです。

以上、看護師の給与について他の職業と比較してみました。 看護師の基本給は若い頃は良いけれども昇給率が悪くなっています。 転職した場合に前職よりも基本給が下がるとか、なかなか看護師長などの役職についたり出世しにくいところにも理由がありそうです。

メニュー

ページの先頭へ