看護師の夜勤勤務

入院施設のある病院で働く看護師には夜勤勤務という勤務時間帯があります。時間に関しては各病院によって変わってくるのですが、基本的に夜勤の勤務時間は2交代制か3交代制になっています。

2交代制は日勤と夜勤の2種類で3交代制は日勤、準夜勤、深夜勤となります。2交代制の場合は、日勤は日中の8時間勤務で夜勤は17時頃から約16時間の勤務が多いようです。夜勤の時間帯は勤務時間が長くなりますが、夜勤明けの日が勤務扱いになり、翌日も休みになったりもするので、2交代制のほうが休日が多くなり、自分の時間も確保できるようです。

3交代制では、24時間を日勤・準夜勤・深夜勤の3分割で勤務をするというシステムになっています。日勤は朝から夕方まで8時間、準夜勤は夕方から深夜までの8時間、深夜勤は深夜から翌朝までの8時間となっています。

3交代制は2交代制よりも夜勤が短いので疲れなどの体の負担は少なくなりますが、夜勤明けが休日扱いされる病院が多く、実質の休日は少なくなってしまいます。

気になるのは夜勤を行うとどのくらい手当てがつくのかということですよね。夜勤勤務には国の規定があることをご存知でしょうか。国の規定では、2交代制では夜勤が月に4回まで、3交代制では準夜勤・深夜勤が月8回までとなっています。

夜勤手当は病院や勤務体制によって違ってくるのですが、だいたい2交代制では夜勤1回に月1万円前後、3交代制では準夜勤・深夜勤1回で5000円前後となっているところが多いようです。月トータルで5万円前後となります。

夜中に患者さんの病状が急変するということはよくあります。夜勤は少ない人数での勤務ですので様々なことに対応しなければいけません。気持ちも張りつめていることが多いでしょう。同僚の看護師が体調を崩して立て続けに夜勤をしなければいけなくなるということもあるようです。

夜勤勤務が多くて体を壊してしまうという方もいるので体調管理をしながらの勤務が必要となります。

メニュー

ページの先頭へ